トップ  >  Gourmet >  解禁日にボジョレー飲んだ

解禁日にボジョレー飲んだ

解禁日にボジョレー飲んだボジョレー

ボジョレー

修理に出していた携帯を受け取った日は、偶然にもボジョレーの解禁日だったので、受け取りついでにラゾーナでボジョレーを購入しました。
“せっかくのお祭りだし一応参加しとくか”程度の動機だったので、ハーフボトルにしました。
おつまみは千葉のフロマージュで購入したバカみたいに美味いチーズにドライトマト。

ボジョレーは何だかんだで毎年“出来が良い”的なことを言われています。
Wikipediaで見てみるとこんな感じです。

 ボジョレーワイン – Wikipedia 

1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「1976年以来の品質」
1998年「10年に1度の当たり年」
1999年「品質は昨年より良い」
2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
2001年「ここ10年で最高」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
2003年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「ここ数年で最高」
2006年「昨年同様良い出来栄え」
2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「50年に1度の出来」
2010年「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
2011年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」

15年以上連続で出来が悪い年が存在しないとなると、1度ぐらいは出来の悪いボジョレーを飲んでみたくなってくるのが人情です。多分。
かれこれ何年もボジョレーの神がかり的な出来の良さにモニョり続けていたら、“今年のボジョレーは不作”との情報をキャッチしました。
思わず“今年こそは出来の悪いボジョレーが飲めるかも!”と、マイナスの期待を抱いてしまいました。完全に嫌な奴だな、私。

で、今年の出来はどんな風に評価されているかというと……。

2012年「よく熟すことができて健全」(天候不順で史上最悪の収穫量のため)「供給量が逼迫することが心配される」

不作で量は少ないけれど、その事と味は別問題という事らしいです。

お勧めサイト

 ボジョレーワイン – Wikipedia 
 ボジョレー史上最悪の不作 値上がり懸念広がる+(1/2ページ) – MSN産経ニュース 

お勧めアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3002/trackback