トップ  >  Days >  普通の朝食という贅沢
トップ  >  Gourmet >  普通の朝食という贅沢

普通の朝食という贅沢

普通の朝食という贅沢朝食

写真はとある週末の私の朝食です。
市販のロールパンにドライトマトを添えてお茶を淹れただけなのですが、これでも私が作る朝食の中ではかなりいい方です。
堂々と言うことでも無いですが、平日にこのレベルの朝食は有り得ません。

じゃあ平日はどんな感じかというと、トーストにトマトジュースが基本です。
トーストを焼いている間に、顔を洗ったり体重を測ったりしています。
低血圧のため、朝は一つ一つの動作が鈍くなりがちですが、私なりに極力スキマ時間を作らないようにフル稼働で支度をしいます。
それでも朝の時間は他のどんな時間帯のそれよりも短く、あっという間に家を出る時間になります。
毎朝そんな調子なので、平日の朝は目玉焼きを作るとか丁寧にお茶を淹れるとか、5分~10分程度の作業が非常に難しいのです。

そんな色気や潤いとは無縁の朝も慣れれば苦ではないのですが、たまの休日に好きな時間に起きてちょっとまともな朝食を食べると、それだけで幸せな気持ちになります。
本当は毎日こんな朝を迎えられたらいいのですが、仮にそうなったとしたら朝食の有難味が薄れるような気もするし、私の性格上朝食を抜いて毎日昼まで寝るようになる可能性も大いにあります。
そう考えると、のんびりと過ごせる朝は週に2回(土曜と日曜)もあれば充分です。
週休2日に祝日や有給を合わせると1年の3分の1以上が休日な訳だし、会社員生活って案外悪くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3064/trackback