トップ  >  Days >  アナログ放送終了の日のこと
トップ  >  Culture >  アナログ放送終了の日のこと

アナログ放送終了の日のこと

アナログ放送終了の日のことウゴウゴルーガおきらくごくらく15年!不完全復刻DVD-BOX(完全予約限定生産)
今日はアナログ放送終了日でした。
“この歴史的瞬間を見たい!”とか”出張で見られない夫に後日自慢してやろう”とかそんな野望に満ちていた私は、11時頃から1人テレビの前でスタンバっていました。
8台の端末を並べて地上波全チャンネル(NHK-G/NHK-E/日テレ/TBS/フジ/テレ朝/テレ東/MX)の停波を同時に見られるイベントも開催されていたようなのですが、我が家のテレビはたった1台なので停波の瞬間を見られる局は1つです。
どの局の停波を見ようか少し迷いましたが、27時間テレビの放送中に画面がプツリと消えるのはシュールそうだと思ったのでフジテレビにチャンネルを合わせることにしました。
テレビのモニターの向こう側では27時間テレビの出演者が、PCのモニターの向こう側ではマイミクさんやフォロワーさん達が、アナログ放送終了の話で盛り上がっていました。
そうこうしているうちに、時計の針は正午を指したのですが、我が家のテレビには何事もなかったように放送が続いていました。
“あれ?間違えて地デジ見てた?”とリモコン片手にうろたえていたのですが、テレビに流れたテロップやマイミクさんやフォロワーさん達からの情報のお陰で、私が見ていたのは純粋なアナログ放送ではなくデジアナだったことが分かりました。
我が家の環境では純アナログ放送は見られないみたいです。(´・ω・`)
デジアナは2015年まで猶予があるらしいので、4年後のデジアナ終了の時に再チャレンジします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3163/trackback