トップ  >  Culture >  「ブラック・スワン」(2010,アメリカ)

「ブラック・スワン」(2010,アメリカ)

「ブラック・スワン」(2010,アメリカ)

私はバレリーナに対して、”一見華やかだけど真面目な人が多そう”というイメージを持っています。
主演のナタリー・ポートマンは、華麗な容姿の持ち主でありながらどこか真面目そうな雰囲気も持ちあわせており、私のバレリーナに対するイメージそのものです。
バレリーナにも色々なタイプの人がいるとは思いますが、ナタリー・ポートマンが演じるヒロインはガラスの仮面のマヤのような天才肌というよりは、どちらかというと亜弓さんのような努力家タイプです。
そんな役柄が彼女に似合わないはずがありません。しかも超可愛い。
プリマになること自体も容易なことではありませんが、それが最終目標という訳ではなく、プリマになってからいかに公演を成功させるかの方が遥かに重要です。
長年の努力が実りプリマになったヒロインには、監督の厳しい要求、元バレリーナの母親の期待、いつ自分の足をひっぱるか分からないライバル達、等々四方八方からのプレッシャーが待ち受けています。
いくら本人が好きでバレエを続けているとはいえ、この状況下では精神的に追い詰められるのは無理もありません。
こんな人が身近にいたら”そんなに頑張らなくていいんだよ”と言いたくなりそうですが、それでプリマの座をライバルに取られても責任を取れない訳で、結局は痛々しく思いながら見守ることしか出来ないだろうと思います。
思わず息を潜めるようなシーンが続く作品ですが、怖さよりもヒロインの痛々しさの方が私には印象的でした。
そういえば、生でバレエを見た経験が無いので、いつか見てみたいです。

お勧めアイテム

評価

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3176/trackback