トップ  >  Mode >  Fluffy Doll(フラッフィードール)で巻き髪の敷居が低くなった

Fluffy Doll(フラッフィードール)で巻き髪の敷居が低くなった

Fluffy Doll(フラッフィードール)で巻き髪の敷居が低くなったFluffy Doll(フラッフィードール)

今でこそ髪をとかすだけで出勤している私も、社会人になりたての頃は、ほぼ毎朝髪をコテで巻いて通勤していました。
飲み会の1つもある日だけでなく、会社と家の往復だけの日も、昼にはカールが取れてしまいそうな雨の日も巻き髪で通勤がデフォルトでした。
一体何がそんなに私を巻き髪に駆り立てていたのでしょうか。若さって侮れない……。
髪を巻かなくなって●年経ったある日、こんな物を発見しました。
Fluffy Doll(フラッフィードール)という、寝ている間に髪を巻けるという商品です。
パッケージが可愛いですよね。

Fluffy Doll(フラッフィードール)

カーラーの太さは25mm巻です。
ヘアアイロンもこのぐらいの太さの物が多いので、標準的な太さなのでしょうか。
個人的には「他の太さも欲しいな(´・ω・`)」と思いました。

Fluffy Doll(フラッフィードール)

中身はピンクと黄色のカーラーが各4本と、黒いステッキのような棒です。
右側はピンク、右側は黄色のカーラーを使います。

Fluffy Doll(フラッフィードール)

カーラーは傘袋のように中が空洞になっています。
そこに黒い棒を通して髪を巻き込んで引くとカーラーの中に髪が収まるので、この状態で寝ると朝にはくっきりとカールが付きます。
詳しい使い方はこちらのサイトに分かりやすく載っています。
☆FLUFFY DOLL(フラッフィードール)使い方☆|t-sideで働くゆかいな仲間たち
リンク先では2箱使用していますが、私は髪の毛が多い方ですが1箱で足りています。
多少コツがいるので、私は慣れるまで数日掛かりました。

  • 均等にブロッキングする(多すぎる毛束はうまく巻けません。)
  • 根元から巻かない(↑と同じで1つのカーラーに大量の毛を押し込めようとすると駄目みたいです。あと、どんなカーラーも根元から巻くとゴロゴロして寝にくいです。)
  • 柔らかい枕で寝る(巻いた状態で低反発枕で寝たら頭が痛くなりました。)

この辺りを気をつければ、結構楽に使えます。
服やメイクがいつもと同じでも、毛先が丸まっているだけで見栄えが違うしテンション上がります!(`・ω・´)

お勧めアイテム

評価

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3177/trackback