トップ  >  Mode >  ONLY MINERALS(オンリーミネラル)を初めて使ってみた感想

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)を初めて使ってみた感想

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)を初めて使ってみた感想ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

ある時はWebで、ある時はテレビショッピングで、またある時はバラエティストアでよく見かけるミネラルファンデーションなるものをを試してみたくなったので、これを購入してみました。
表記は”ONLY MINERALS“で読み方は”オンリーミネラル”なんですね。まあどうでもいいですけど。

私が選んだ色番

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)色は9色でそれぞれツヤとマットが選べるので、バリエーションは18種類です。
こんなカラーチャートが用意されていて分かりやすいです。
私の肌の色は明るめで黄みが強い色なのでイエローベージュを選びました。
明るめでイエロー系ならライトイエローベージュでも良かったかもしれませんが、初めて使うファンデーションでいきなり明るい色を選ぶのはチャレンジャー過ぎると思ったので、最初はイエローベージュにしました。

箱オープン!

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

パウダーがプラスチックの容器にみっちりと詰まっています。
この手の商品は容器の大きさ割に中身が残念な量しか入っていないというケースもあるので、これだけいっぱい入っていると嬉しいです。
透明の容器だと残量が分かるだけでなく、最初からちゃんと中身が入っていることが分かるのがいいですね。

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

ご丁寧に粉の飛び散りを注意するようにという旨の紙が一緒に入っていました。
中身がしっかりと詰まっている分、飛び散りやすいのかもしれませんね。

使ってみて困ったこと

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

さて、実際に使い始めて見たのですが、最初は粉がなかなか出なくて焦りました。
ラッコのように粉の入った容器を蓋に打ち付けて粉を出そうとしていたのですが、この方法だと10回ぐらい打ち付けてこの程度の量しか出て来ませんでした。
そのため、メイク1回分の粉を出そうと思うとかなりの重労働でした。
しかも蓋と容器をぶつける音が朝から五月蝿いし、何とかならないかと悩んでいました。

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

そんなある日、買った時に入っていた箱の内側に粉の出し方の説明書きを発見。
本当は”蓋が閉まった状態で蓋を下にして、容器の底を軽く叩く”というやり方が正解でした。

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

早速やってみました。

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

何だ、出るじゃん。

使ってみての感想

粉質がしっとりとしていて、かなり私好みの質感でした。
程よい艶が出るのも綺麗だと思います。
化粧水や乳液が十分に乾いていなかったり、下地をつけすぎたりするとかなりよれます。
これは他のファンデーションにも言えることですが、ONLY MINERALS(オンリーミネラル)はそれが顕著でした。
ミネラルファンデーションは付けたまま寝れると言われていますが、それはやったことがありません。
そもそもメイクをしたまま寝たくてミネラルファンデーションを購入した訳ではないということもありますが、いくらファンデーションが付けたまま寝れるものであっても、他に使用しているコスメがそういう仕様のものでなければ、やはりメイクは落として寝たほうが良いと思います。
それに、寝相が悪い渡しの場合は寝具にファンデーションが付く恐れがあるので……。

ちなみにブラシは……

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)には専用のブラシがあり、初めて使う人は大抵それを購入すると思うのですが、私は元々持っていた資生堂のブラシを使っています。

お勧めサイト



評価

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

“ONLY MINERALS(オンリーミネラル)を初めて使ってみた感想” への2件のフィードバック

  1. […] オンリーミネラルのBBクリームバージョンとも言えるオンリーミネラル アクアリフトBBを購入しました。 […]

  2. […] MINERALS アクアリフト モイスチャーゲル&ローショントライアルキットONLY MINERALSのミネラルファンデとBBクリームを試したことがあるのですが、スキンケアも気になるので試して見るこ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3194/trackback