トップ  >  Culture >  「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」(2011,イギリス)

「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」(2011,イギリス)

「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」(2011,イギリス)

作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー 製作:キャメロン・マッキントッシュ
ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2012-01-25

「ロンドンでミュージカルを観てきたの?」と誤解されそうなタイトルですが、ロンドン公演の様子を映画館で上映したものを、ロンドンから9,600km程離れた品川プリンスシネマにて観てきました。

2011年は「オペラ座の怪人」だけでなく、ドラクエやラピュタなども25周年でしたね。
1986年はいろいろ当たり年過ぎる。

本編だけでなく、観客が開演を待つ様子や休憩中の様子もスクリーンに映し出されるのですが、会場となったロイヤル・アルバートホールの凄さに圧倒されました。
天井高っ!ステージでかっ!
日本にはこんなに立派な劇場無いだろうなと思うような劇場だったので、当然客席の数も凄かったのですが、それでも5時間でチケットが完売したそうです。

セットも素晴らしかったです。
特に場面転換によってLEDのスクリーンに様々な映像が映し出されるという演出が面白かったです。
また、オーケストラピットが舞台の下ではなく上にあるのも初めて見たので新鮮でした。

“この公演を生で見たらさぞかし迫力満点だろうな”と実際の公演を見た人たちを羨ましく思うのですが、出演者の豊かな表情や緻密な衣装や小道具などもアップで見ることができるのは映像ならではの魅力です。

オークションから時間が巻き戻るシーンは何度見ても飽きない迫力があり、マスカレードのシーンは大勢のエキストラを駆使した映画版のそれに引けを取らない華やかさがあり、ファントムの居住空間は豪華なのにぞっとするようなホラーチックな雰囲気が良く出ていました。

あと、ほんのりとネタバレしてしまうと、カーテンコールは必見です!素晴らしいです!

おまけ

はてな匿名ダイアリーでこんな記事を見つけました。

 『オペラ座の怪人』25周年記念公演の上映は、音がズレているらしい 

絶対音感のある人がこの作品を観た際に、音程が半音ずれていることに気付き、東宝に問い合わせた所、映像を変換した際にずれてしまったとの回答があったそうです。
私は特に音程のずれは感じなかったのですが、こういうことに気付く人がいること、それに対する東宝の対応が丁寧だったことなど、様々な意味で興味深かったです。

お勧めサイト

 『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in ロンドン 公式サイト 大絶賛上映中! 
 品川プリンスシネマ│品川プリンスホテル 

お勧め動画

お勧めアイテム

評価

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

“「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」(2011,イギリス)” への1件のコメント

  1. […] 「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」と同様、実際に行われた公演を映画館で観れるように映像化した物です。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3206/trackback