トップ  >  Culture >  「ニナデジ」 蜷川実花

「ニナデジ」 蜷川実花

「ニナデジ」 蜷川実花

蜷川実花
日販アイ・ピー・エス
発売日:2011-05-18

蜷川実花プリントのトートバッグや携帯ストラップなどのグッズ類は過去に何度か購入したことがあるのですが、写真集を購入したのはこれが初めてです。
写真集は高価で嵩張る物が多いのですが、「ニナデジ」は1,500円とリーズナブルな上に本自体もコンパクトなので、普段写真集を購入しない人でも手を出し易いと思います。

中身ももちろん最高です。
被写体の殆どが普段見慣れた物が中心なのですが、この写真集の中では別世界の物のように印象的ではっとさせられます。
蜷川実花=鮮やかな写真というイメージが強いのですが、落ち着いた色合いの写真も素敵です。

「ニナデジ」という名の通り、デジカメで撮影した写真だそうですが、これを見ていると私が普段デジカメで撮影している写真たちは何なのかという気持ちにさせられます。
そりゃあプロのカメラマンと私では才能も使っている機材も違うけれど、それ以上に1枚1枚に対する愛情や手間が違うんだろうなあ。
最後に数ページだけですが、写真のコツが紹介されているので、それを参考に今後写真を撮る時にはもっと真面目に撮ってみます。

お勧めアイテム

“蜷川実花”関連商品をもっと見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3229/trackback