トップ  >  Place >  日本一の芋煮会フェスティバルを見学して来た
トップ  >  Culture >  日本一の芋煮会フェスティバルを見学して来た

日本一の芋煮会フェスティバルを見学して来た

日本一の芋煮会フェスティバルを見学して来た日本一の芋煮会フェスティバル

山形で披露宴に出席した翌日、偶然にも日本一の芋煮会フェスティバルというイベントが開催されていたので、帰る前に少しだけ覗いてみました。
今回が第24回ということだったので、私が小学生の頃から続いているイベントということになります。
人気のあるイベントらしく、ジリジリと照りつける日差しの下、大勢の人で賑わっていました。

日本一の芋煮会フェスティバル

ぱっと見芋煮を作っているようには見えません。
それもそのはず。

 日本一の芋煮会フェスティバル – 9月の第一日曜日、山形市馬見ヶ崎河川敷のイベント「日本一の芋煮会フェスティバル」 

これは、山形商工会議所青年部が平成元年に始めたイベントで、 6mの大鍋に里芋3t、牛肉1.2t、コンニャク3,500枚、ネギ3,500本、 味付けの醤油700リットル、隠し味に日本酒50升、砂糖200kg 、 そして 水6t を入れ、 6tの薪(ナラ材) で煮炊きする、おいしさもスケールもまさに日本一なのです!

日本酒50升を“隠し味”と言い切ってしまう時点で、私が知っている芋煮とは明らかにスケールが違います。

日本一の芋煮会フェスティバル

人も多かったし、炎天下で熱々の芋煮をすする気にもなれず、肝心の芋には食べませんでした。
代わりに石巻に100円寄付すれば梅ジュースが貰えるという募金に協力してきました。

お勧めサイト

 日本一の芋煮会フェスティバル – 9月の第一日曜日、山形市馬見ヶ崎河川敷のイベント「日本一の芋煮会フェスティバル」 
 炎天下で日本一の芋煮会…山形 1万8000食振る舞う ― スポニチ Sponichi Annex 社会 
 炎天下で日本一の芋煮会 サトイモ3トン、1万8千食振る舞う 山形 – MSN産経ニュース 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/3346/trackback