トップ  >  Days >  着画的な
トップ  >  Mode >  着画的な

着画的な

着画的な着画的な

冬のファッションはニット一辺倒でワンパターンになりがちです。
重ね着をするとか、アクセサリーを重ねづけするとか、自分なりに工夫はしてみるものの、春夏に比べると明らかに自由度が低いと痛感しています。
ドラマやファッション誌にはコートの下は半袖ニットやシルクのブラウス1枚みたいなコーディネートがよく登場します。
真冬にあんな格好ができるほど寒さに強い女性ばかりとは思えないし、メディアの中の寒々しいコーディネートは、プロのスタイリストですら厚手で露出度の低い服だけで変化をつけるのは難しいということを物語っているような気がします。
冬のお洒落が得意な人、マジで尊敬します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/6361/trackback