トップ  >  Days >  { 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館
トップ  >  Place >  { 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館
トップ  >  Culture >  { 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

絶景スタバを跡にした私たちが、次に訪れたのはネカ美術館でした。

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

何故か兵庫県立美術館のルノワール展のポスターに出迎えられる我々。

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

{ 初バリ旅行:#11 } バリ絵画の宝庫!ネカ美術館

作品の写真は撮っていいかどうか分からなかったので、写真は建物のみになります。
建物自体も見惚れてしまうほど美しいのですが、中の作品はそれ以上でした。

広い敷地内の中にテーマごとの小さな展示館が6つあります。
伝統的な作品からコンテンポラリーな作品まで、抽象的な作品から写実的な作品まで、展示されている作品は多岐に渡ります。
一口に“バリ絵画”と言っても、これ程のバリエーションがあるのかと驚かされました。
また、絵画だけに留まらず写真や立体作品も充実していました。

ツアーの一環としての来館だったので、滞在時間は僅か1時間程でした。
美術館をちゃんと見るには1時間と言う時間はあまりにも短すぎます。
一方で、美術に興味の無いツアー客に取っては長く感じるかもしれません。
美術館の滞在時間が1時間というのは、両者の間を取った結果なのかもしれません。
もしも個人旅行でウブドを訪れることがあれば、ここだけで半日~1日ほど割いてゆっくりと作品を観て見たいと思ったり。

お勧めサイト

 Neka Art Museum Ubud Bali – The Development of Painting in Bali – Art Painting Museum 
 ネカ美術館 – Wikipedia 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://toyo-kibun.info/archives/9418/trackback